本当に当たる占い師の見極め方

ほんとうに当たる占い師を見極めるための総合情報サイト

当たる占い師選びであなたを全面サポート

世の中には10%の法則というものがあります。いろんなカテゴリーの人の中で、どのカテゴリーでも本物といわれる人は10%くらいしかいないという法則ですね。 占い師の中でも本当に当たる占い師というのは10%くらいしかいないと考えられます。メディアで有名な占い師が必ずしも当たる占い師ではありませんね。

独身から既婚者まで当たる占い師

ビジネスにせよ個人の人生にせよ、私たちの時代では予測をするということが非常に大切になってきています。よいことや困ったことなど、私たちの人生やビジネスでは常に、予想外のことが待ち受けています。そんな時にわたくしたちにヒントを与えてくれるのは私たちの直感であり占いであるといえますね。

人生やビジネスの問題では、数理科学のように一意的な回答がりません。ですから私たちの選択する道は常に私たちのその時々の決断にかかっているのです。その決断を最後に決めるのは、情報や推論で詰めていった後で私たちの頭にわいてくる直感ですね。その過程で私たちにヒントを与えてくれるのが、占いでもありますね。夢占いを見てもわかるように、こうした占いは私たちの一人一人に深く依存することです。

当たる占い師というものも、私たち一人一人の運命をよく理解してくれる人であることが大前提になりますね。占いを単なる運命の流れととらえるのではなくて、占いが宇宙意識や深層意識からのメッセージであり、占われる人が、己を知り、自己実現に向かう作業をする手助けをする人が当たる占い師といえますね。こうした宇宙意識や深層意識からのメッセージを占われる人に伝えてくれて、それが現在の自分に何を意味しているのかということを考えさせ、占われる人が現世での可能性を開花してゆく手助けをしてくれる人が、当たる占い師といえます。

そのための手段には、西洋ではホロスコープ、タロット、ルーン占い、手相などがあります。東洋では、四柱推命、九星気学、算命学、風水などがあります。

私たちの運命を見極め私たちの人生に付き添ってくれるわけですから、私たちの運命や私たちを良く知ってくれる占い師を見つけたいものですね。どんな占い師が良いのか、それは私たちが占い師に求めていることにも依存します。

占い師に私たちが求めるもの

友人たちあるいは家族と夕食を外でして、路上にいた占い師に見てもらうのも占いです。顧問のように常に占い師に相談している人もいます。宝くじを買う前に、ちょっと占ってもらおうというのも占いですね。 何らかの信頼関係が生まれないと、いくら優秀でも大抵はうまくゆきません。当たりませんね。

メディア情報に振り回されないコツ

当たる占い師あるいはよい占い師を見つける一番の基本は、信頼感をあなたに生むような人ということですね。これはネットや電話による占いでも同じことですね。 人相や声のトーンがあなたの信頼感を生むような占い師であることが大前提です。信頼感を見極めるにはあなたの直感を信じることですね。

TOPへ戻る