ロスを減らす取り組みとは

>

野菜や果物の訳あり商品

この記事をシェアする

いびつに育ってしまったもの

生鮮食品は、販売できるものに厳しく条件が決められています。
大きさが決められ、それを超えるものも小さいものも正規の商品として認められません。
しかし、正規品になれなかった生鮮食品もたくさんあります。
処分すると食品ロスになってしまうので、最近は訳あり商品として販売されています。

見た目が少し変なだけで、味に問題はありません。
普通の野菜や果物と同じように食べられますし、調理できます。
特に果物は高額で、滅多に購入できない人もいると思います。
そのような人に、訳あり商品がおすすめですね。
気になっていた野菜を、この機会に試してみるのも良い方法です。
様々な野菜を食べて、好みに合うものを何度もリピートしてください。

見た目が気になる場合

どうしてもいびつな形が、気になるかもしれませんね。
それでも切って加工してしまえば、何も問題ありません。
訳あり商品で買った生鮮食品は、生で食べずに調理するのがおすすめです。
中にはかなり熟していて、すぐ食べなければいけない果物もあります。
そのような果物は、スイーツに使うと良いでしょう。
賞味期限が近付いている生鮮食品を生で食べることに抵抗を感じる人も多いはず。

火を通せば大丈夫なので、自分でレシピを調べてください。
自分で作ったスイーツだったら、砂糖などの量も減らせるのでダイエットをしている人にもピッタリです。
レシピをたくさん調べて、訳あり商品として買った生鮮食品を活用しましょう。
すると調理も、楽しくなりますね。